会社案内

インクジェット印刷なら写真をオリジナルタオルに

インクジェット印刷写真付オリジナルタオル作成 これなんだと思います?

猫です。

そうです。

じゃなくて、タオルです。

猫の写真をインクジェット印刷という方法で、専用のタオルに印刷して作成された世界にひとつのオリジナルタオルです。

あまりに鮮明で、遠目でみるとタオルなのかポスターなのかわかりません。

写真印刷タオル販売 寄ってみても、まるでポスター。

で、これで本当に汗が拭けるのか?

ちゃんと拭けるんですねー。

ちゃんとタオルなんです。

このインクジェット印刷のオリジナルタオルのいいところは写真がそのまま印刷できるので、記念品や贈り物としても大変よろこばれますし、驚かれます。

また、プリンターを使っての印刷になりますので、型がいりません。

ので、制作されるタオルの数ではさほど価格が変わらないというところです。

型を使っての印入れは型代金を作成数で割って、一枚のタオルの価格にのってきますので、どうしても発注数が少ないとタオルの単価は上がりがちです。

還暦のお祝いや部活やクラブの応援に数十枚だけ作りたい!単価が.....。

でも、このインクジェット印刷タオルなら作成数が比較的少ない時でも、リーズナブルにできちゃったりします。

記念品や贈り物で悩まれている方にはこんな、かわいいタオルもおすすめですよ。

出産祝いやお子さんのお祝いなどにもつかえるのでは?

幕・のぼり

2016/01/28

世界の阿蘇神社様!白地幕に違い鷹羽の紋を染めました。

神社仏閣奉納幕販売熊本 週末の大寒波で、九州熊本も数年ぶりの積雪となりました。

市内はもう、ほとんど雪は残っておりませんが、阿蘇山は、まだ雪を被ったまんまでした。

そんななか、いつもお世話になっています阿蘇神社さんに伺ってきました。

先日、作成いただいた幕が張ってありました。

白地に黒で阿蘇神社様の紋「違い鷹羽(ちがいたかのは)」を入れてあります。

正面用の幕もおつくりしていたのですが、そちらはお正月を過ぎて外されているようでした。

社務所のお守りなどが販売されているところと、お祈願を受付されるところにはまだ、しっかり張ってありました。

阿蘇神社様は大変人気があり、初詣はかなりの参拝者の方々がお越しになられますので、足元が汚れないように、幕の丈は調整してあります。

かなり、横に長い一枚もので、おつくりしましたので、染工場の干場でも存在感がございました。
阿蘇神社の横幕 平日のも関わらず、多くの参拝者の方がいらっしゃいました。

韓国や中国からの旅行の参拝者も多く、聞きなれない外国語が飛び交っておりました。

外国人の方もしっかりお参りされていて、関心されられました。

阿蘇神社様もまさに、グローバルな人気でした。
神社仏閣の染物

鯉のぼり

2016/01/27

熊本式鯉のぼりの違い?

熊本式鯉のぼり名前旗 鯉のぼりの立て方や鯉の数、付属品など、鯉のぼりといってもその地方で結構違うものです。

熊本式鯉のぼりはというと、他地域の鯉のぼりと大きく異なる点は名前旗を鯉のぼりの杉の木のてっぺんに立てるところじゃないでしょうか。

節句のお子さんのお名前とそのおうちの家紋を入れて、鯉のてっぺんに配置します。

また、「ばれん」と言われる竹の割いたもので丸い籠とその中央からぴらーと垂らしたものを名前旗のすぐ下に配置します。

ばれんは「ひかご」とも言われるようで太陽を意味するとか?

どうみても、鯉の滝登りのイメージなのですが、諸説あるようです。

矢車に関しても、つけないところもあるようです。

熊本県宇城市栄寿司様ののれんと恵方巻き

熊本県オリジナルのれん制作 もうすぐ、2月3日の節分ですね。

熊本でも最近、節分に恵方巻きを丸かぶりが定着してきました。

わたしの子供のころは豆はまきましたが、恵方巻きは丸かぶりしませんでした。

宇城市の「栄寿司」様でもこちらの宣伝幕にもあるように、魚介たっぷりのゴージャスな恵方巻きを販売されるそうです。

予約が必要のようですので、お近くの方はお早めに!

栄寿司様は以前から、弊社でのれんや板前さんが着用されてる法被などを作成させていただいております。

のれんも四季折々に合わせて、色やデザインの違うものを下げられています。

板前さんの法被も青と白バージョンがございます。

包丁さばきに邪魔にならないように、法被の袖丈を短くしたりと少々工夫しております。

寿司や用袖丈短い法被
女将さんからおききしたところ、右側の板前さんは花嫁募集中ということです。

お名前をお聞きしなかったんですが、気になる方はぜひご来店ください。

恵方巻きのご予約も絶賛承り中です。

栄寿司様のご案内です。

鮨の館 栄寿司
熊本県宇城市小川町江頭363-1
Tel:0964-43-1718
鉢盛センター0964-43-4040
営業時間11:00〜22:00
(21:30ラストオーダー)

宣伝用のぼりと袢纏いろいろ

宣伝のぼり、宣伝法被
先日、作成させていただきました。

タイヘイテクノス株式会社様の宣伝用のぼりと袢纏です。

ブルーと黄色をベースにとても鮮やかに染まりました。

テレビ番組で広報活動されるために、作られたとのことです。

惜しくも、その番組は見逃してしまったのですが、それ以降も宣伝やキャンペーン活動のときにご利用いただいているようです。

宣伝用のぼり作成
制御部品、電子部品、機工部品の販売。
各種生産設備の設計・制作。
電気工事。
省エネ製品販売・設置。

を主に事業活動されておられます。

実は我が家の太陽光発電設備をタイヘイテクノス様に設置いただき、それからのご縁でご注文いただきました。

「そういえばあなた染物屋さん?」みたいな感じです。

「そうです!私が染物屋さんです。」

宣伝やキャンペーンなど販促活動用品も幟や法被以外にもいろいろやらせていただいております。

タイヘイテクノス株式会社様のご案内です。
〒860-0085
熊本県熊本市北区高平3丁目43番11号
TEL.096-300-1010
FAX.096-343-8366

2016/01/23

この時期は校旗や体育館ステージの緞帳のご依頼が多いです。

学校本校旗、緞帳制作 毎年、この時期は卒業式や入学式に合わせて、学校様の本校旗や体育館ステージの緞帳の作り変えのご注文が多くなります。

長年、使用されていて、かなり使い込まれているこれらをこの機会に新調したいとのご要望が集中します。

納期は3月末の卒業式か4月あたまの入学式となりますので、わたくし達も納期内に100%お納めできるように奮闘いたします。

どちらも豪華な刺繍を施すため時間がかかりますが、先生方や卒業生、新入生のみなさんの喜んでいただける顔を思い浮かべながらお仕事させていただきます。

只今、人吉市内の小学校様の本校旗を作成させていただいておりますので、

完成しました暁にはこちらでご紹介させていただきと思っております。

色が渋いね!オリジナルのれん-あうん様-

オリジナルのれん作成 先日納めさせていただきました。

熊本市北区楠木1丁目の「整体&リラクゼーション あうん-Aun-」様のオリジナル暖簾です。

目立ちながらそれでいて渋い色の暖簾に染め上りました。

車で走っていても目に飛び込んできます。

店内も落ち着いた雰囲気で、お伺いしただけでも癒されました。

インクジェットタペストリー
のれんは手染めでしぶーく染め上げ。

こちら、玄関左側の茶色の日覆はインクジェットでスタイリッシュに仕上げました。

お近くの方は一度足を運んでみられてはいかがでしょうか。

染めのれん制作熊本市内
店舗情報はこちらです。

「整体&リラクゼーション あうん-Aun-」様
熊本市北区楠木1丁目12-51-1F
096-288-0687

幕・のぼり

2016/01/21

妙乗寺様の奉納幕は色が最高です。

妙乗寺様奉納幕 こちらも弊社サイト内でご紹介されて頂いている熊本市河原町の妙乗寺様の奉納幕です。

昨年、作成させていただきました。

とても色鮮やかな青を基本とした奉納幕です。

境内でもかなりの存在感で目立っておりました。

一般的には奉納幕の色は濃紺や紫が多いのですが、妙乗寺様のような青、他エンジ、赤なども作成させて頂いております。

奉納幕が張ってあるだけで、その境内空気がきりりと締るように感じられるのはわたしだけでしょうか?

お祭り用品

2016/01/20

八代妙見祭では八代東高校様の刺子長袢纏がピカイチでした。

八代妙見祭り刺子長袢纏 昨年11月の八代妙見祭りも今まで以上に大変盛り上がりました。

わたくしも休日を使って観覧させていただきました。

河原で馬を走らせる時に結構濡れます。

濡れたあと、少しでも風をしのげるようにと以前、刺子で長袢纏を作らせていただきました。

だいぶ、ご使用いただいて風合いもかなりいい感じです。

今回は袢纏の襟替えでしたが、襟は真新しすぎて、袢纏本体の色とかなり違ってました。

来年の妙見祭りまでには、ぜひぜひ着込んでいただいて、さらに味のある袢纏に進化させていただけるよう期待します。
八代妙見祭り法被作成

オリジナルマフラータオルは学生さんに人気です。

オリジナルマフラータオル作成 こちらは昨年、熊本県立熊本第一高等学校同窓会「清香会」様におつくりいただいたマフラータオルです。

スクールカラーの青色をベースに色鮮やかに染まりました。

校章と校名に「文武一道」「凛」と染め抜いてあります。

在校生のみなさんがお持ちになり、部活動の応援の時に手に持ったり、首に巻いたりして、応援されるそうです。

第一高等学校様は硬式野球もお強いので、このマフラータオルでスタンドを埋め尽くさんばかりに応援されるそうです。

来年は是非ぜひ甲子園まで勝ち進んでいただき、テレビ中継でこのタオルを目にできるよう期待いたします。

次回、高校総体でも、各競技会場でもご覧いただけると思います。

在校生のみなさんにもこのタオルは人気だそうです。
細長いタオル ※最近の若い方たちには、通常のタオルではなく、細長いこのマフラータイプのタオルが人気があります。

首に巻いたり、頭に巻いたり、使い方はいろいろですが、両手に持って、広げると、こっちのほうが広げやすいんですよね。
1 2